賃貸物件で雨漏りがあった時の費用負担

subpage01

賃貸物件で雨漏りが発生した場合には「誰が補修費用を負担するのか」ということでトラブルになることもあります。

これについてはしっかりとしたルールがあるのですが、借主がそれを知らないと、貸主側から負担を求められてそのまま補修費用を支払わされるという羽目にもなりかねませんから、借主もしっかり知っておく必要があるでしょう。

あなたの探していた毎日新聞の専門サイトのココです。

では雨漏りの補修費用はだれが負担するのかと言うと、これは「借主に負担が無い限り、貸主が負担するものである」というのがルールになっています。

これは原状回復にも関わる話なのですが、基本的に賃貸物件の補修費用と言うのは借主となる入居者に落ち度が無い限り貸主、つまり大家や管理会社が負担するべきとして規定されています。



もし借主が屋根に上って何かの作業をしたり、天井に穴を開けてしまったなどのことで雨漏りが発生したなどの場合は別ですが、そうではなく物件の経年劣化によって雨漏りが生じるようになったということであれば、それは貸主側が補修費用を支払うのが妥当となっています。
また自然災害によって屋根が壊れたなどの場合には火災保険を適用することも可能です。

火災保険という名前から「火事が起きた時の保険だ」と誤解されることが多いのですが、現在の火災保険の大半は雨漏りのようなトラブルによって発生した被害に対しても補償をしているものです。



ですからもし台風などで被害が出てしまった場合には、貸主と相談の上、火災保険の適用も考えて良いでしょう。

大人の常識

subpage02

雨漏りが発生した際には、住宅のどこかにダメージが発生している可能性が高いです。そのため雨漏りが確認された際には、まずは住宅内をくまなくチェックして、どこかにダメージが発生していないかどうかを確認することが求められます。...

NEXT

人に言いたい生活

subpage03

雨漏りが発生して工務店に修理を依頼したら、屋外は安心できます。工務店が原因を探して、適切な工事をしてくれます。...

NEXT

大事な生活の事

subpage04

雨漏りしている水を観察して、色が付いているように感じたら要注意です。水が濁っているのは雨が直接そのまま落ちているからではなく、汚れを含ませながら伝っていることの証明だからです。...

NEXT

初心者向き生活

subpage04

水滴が部屋の中に落ちてくれば雨漏りだと分かりますが、現実には水滴が部屋の中に落ちていない状態の雨漏りも存在しています。木造建築の一戸建ては、屋根から入り込んだ雨水が、柱や梁を伝わって、建物の内部構造を縦横無尽に伝わってしまいます。...

NEXT